文書群概要

文書群: 【請求番号】P1108【伝存地】���������【文書群名】������������������������
出所 前橋市 多加谷敏則家
地名 川越市/前橋市
役職等 前橋藩松平大和守家家臣
歴史 旧前橋藩士多加谷家に伝存した文書。当資料群中では多加谷孫右衛門、多加谷具の名前が見える。
数量 51
年代 文化8年(1811)~昭和初期
構造と内容 藩関係文書、系図、明治期文書。▼藩関係文書としては伺書や通達、藩士屋敷割絵図(№14・№16・№17)、天保13年の寄帳(№28・№29)、土岐氏系図1点(№8)、明治3年の宗門人別帳(№25・№26・№27)などがある。▼ほかに版本や絵はがきなど。
検索手段 多加谷敏則家文書目録、インターネット検索目録
関連資料 県史資料「多加谷一男家文書」(H0-20-1)と同一の文書もある。▼前橋藩士関係資料としては、鹿沼誠家文書(P08809)、和田正雄家文書(P8808)、八木健次家文書(P09702)、若林茂生家文書(P01207)、豊田芳郎家文書(P08107)、寒河江家文書(PF8407)などがある。
利用上の留意点 №14・№15は付箋が多く、№28・№29は貼紙が多いので取扱注意。▼「群馬県立文書館における文書取り扱いに関する要綱」第5条(閲覧の制限)及び「閲覧制限基準」第2(非閲覧文書の指定事項)により閲覧が制限されている文書は本目録から除外した。