TOP > 講座 > 「お茶の間古文書講座」
 初心者のための「お茶の間古文書講座」
   
 【本講座の概要とテキスト】
 
 古文書学習の経験がある皆様には、すでに当ホームページで「インターネット古文書講座」(ぐんまの古文書)を開講していますので、こちらをお薦めいたします。

 開講は平成25年9月からです。以降、毎月1回(月初め)更新して、全24回にわたる連続講座です。
 ※平成26年4月から更新回数を毎月2回(月初・中旬)増やしました。

 テキストには、当館収蔵の次の3点の資料を使用します。これを3段階(ほっぷ・すてっぷ・じゃんぷ)に分け、毎回それぞれ見開き1枚〜2枚のペースで掲載していきます。自らの学習レベルに合わせてテキストを選択し学習してください。


  ほっぷ編   「慶安御触書」 (P8214 2282-2)        
  写真版(見開き1枚分)、釈文、読み下し文、用語解説付き 

  すてっぷ編 「五人組帳前書」 (P8217 1382)
    写真版(見開き2枚分)、釈文、読み下し文付き 
 
  じゃんぷ編 「浅間山大変記」 (P08005 80-3) 
    写真版(見開き1枚分)、釈文付き
 
     
 【古文書学習の心得】 
 
 自宅で一人でパソコンに向かって独学自習する時は、テキストの写真版を直接見ながらか、または写真版をプリントアウトしたものによって、テキストの中の一文字一文字を必ず楷書体で原稿用紙などに書き写しながら先に進んでください。  
  
 途中で判読できない文字が出てきた時は、その字数分だけ原稿用紙の升目を空けたまま次に進んでください。そして空欄にした所は、後でもう一度読み直して、できるだけ埋めるように努力しましょう。 
 
 原稿用紙への書写が終わった後は、参考資料として掲載した「釈文」や「読み下し文」などを参照し、自ら添削して誤字・脱字などを確認してみてください。

 一通り文字の判読(原稿用紙への書写)が終わった段階で、次は自ら大きな声を出してその文章を読んでみてください。なお、読み方がわからない時は、釈文や読み下し文を見ても構いません。

 声を出して読んだ後は、その中で使われている用語の意味やその文章の内容を考えてみましょう。
 
 古文書の学習に近道はありません。「習うより慣れろ!」(まず、くずし文字に慣れる。続いて、歴史用語や慣用句に慣れる。そして、文章や言い回しに慣れる。)とよく言われます。毎日コツコツ反復練習をすることが一番大切です。 

  以上のような手順(目で見る →手で書く →声に出す →耳で聞く)で古文書の解読にチャレンジしてください。

 
 
     
   
 


ほっぷ
 


すてっぷ

じゃんぷ 



     TOPページ    群馬県立文書館   群馬県前橋市文京町3丁目27-26
               tel:027-221-2346 fax:027-221-1628
    
ページ先頭     
Copyright (C) 2016 Gunma Prefectural Archives.All Rights Reserved.
各ページに掲載の写真等の無断転載を禁じます。