ぐんまの古文書


ぐんまの古文書 続編ー文書館の古文書70選ー』を発売します


    

ぐんまの古文書

1009円 610g  (1冊発送のみ送料 310円(ゆうパケット))
 (全159ページ 令和2年3月発行)

 当館で収蔵する文書から70点を厳選し掲載しました。1冊で当館収蔵文書を幅広く網羅し紹介する書籍は、初めてのものとなります。

 1章から7章は、当館ホームページ上に掲載しているインターネット古文書講座「チャレンジ! 演習ぐんまの古文書入門」がもとになっています。今回出版に当たり、必要最小限の修正と一部文書群の解説も加え再編集しています。

 8章は、戦国時代から近世初期にかけての当館収蔵古文書から10点を精選し、新たに執筆しました。織田信長や豊臣秀吉など著名人の文書も多数掲載しました。

 写真・釈文・読み下し文・用語・解説を見開き2ページにまとめた構成になっています。手軽に古文書を学べることはもちろん、群馬の歴史や当館の史料に親しんで頂けることをめざしました。

 

         ※群馬県立文書館のほか、次の販売店で購入することができます。

     煥乎堂様、紀伊國屋書店前橋店様、群馬県立歴史博物館ミュージアムショップ様、

     戸田書店(榛名店、高崎店、藤岡店、中之条店)様、ナカムラヤ様(太田市)

      

『ぐんまの古文書』 完売しました。

ぐんまの古文書
(平成11年2月発行)

『ぐんまの古文書』は、群馬県内の各地域で保存されてきた古文書から、おもに江戸時代の古文書204点を精選し、「写真編」(上下2分冊)と「解説編」(上下2分冊)で構成しています。

「写真編」では、内容で8つの章に分類し、各章毎に概説があり、さらに古文書一点毎に解読学習の目安として難易度を3段階で示しています。「解読編」では、古文書一点毎に釈文(返り点や読みなど)と用語解説、文章による解説を加えています。

古文書解読学習のテキスト、地域史学習の基本資料集として、幅広く活用できます。